子育て

鬼電のすすめ

どうも。いけすびです。

みなさんは小さいお子さんいますか?

いけすび家には3歳と1歳の子供がいるのですが、3歳の子が最近言うことを聞かなくて困っていました。

言うことを聞かない、お片づけしない、寝ないなどなど、、、。

反抗期なのか分かりませんが、尋常じゃ無いくらいストレスが溜まります。

そんな子供に(半ば無理やりですが)多少なり言うことを聞かせることができるスマホアプリを見つけたので紹介します。

鬼から電話

その名の通り、鬼から電話が掛かってくるアプリです。

こちらから無料でダウンロードすることができます。

鬼から電話 子育てシーンに役立つサポートアプリ

鬼から電話 子育てシーンに役立つサポートアプリ
無料
posted with アプリーチ

このアプリは設定すると着信が鳴って、出ると鬼が話し始めます。それだけです。

鬼が「もしもし。また言うことを聞かないんですか!?言うことを聞けないのなら今からそっちに行きますよ!」などと親の代わりに叱ってくれます。

3歳くらいのちょうど怖いという概念が分かってきた年齢の子にはめちゃくちゃ効果てきめんです。かわいそうなくらい笑

それまで騒いでいて全く言うこと聞かなかった子供が、鬼から電話がかかってくるとピタッと止まって泣きながら言うことを聞こうとします。ほんとうにすごいです。

半ば強制、でもストレス大幅軽減

子供の教育的な側面からすると、言うことを聞かない時は子供に寄り添って、

何で言うことを聞いてくれないのか

どうしたら言うことを聞いてくれるようになるのか

何が不満なのか

とか確認していって、言うことを聞いてくれたら嬉しいんだけどなぁなどと優しく感情に訴えることが重要だったりしますね。

そうすると徐々に言うことを聞いてくれる素直な子に育つ、、、と。

でもそれは時に理想論で3歳の子供に訴えかけても全く意味が無い時もあるんです。

いくら言っても聞かない。次第にストレスも最高潮に達します。

爆発すると大声で叱りつけます。怒鳴りつけます。

この方がよっぽど子供に悪影響なのでは無いかと思うほど。

それであれば、言ってダメならストレスを溜めこむ前に第三者の鬼から叱ってもらいましょう。

怖さに訴えかけて強制的に言うことを聞かせる手段ですが、親がストレスを溜めこむよりよほど健全でしょう。

バリエーションいろいろ

この鬼から電話アプリは鬼からだけでなく、おばけやオオカミおとこなんかからも電話が掛かってきます。

言うことを聞かないとき、寝ないとき、お風呂に入らないとき、歯を磨かないとき、お片づけをしないときなどなど。

どのキャラクターも子供にはめちゃくちゃ効果あります。

そのうち「鬼に電話しちゃおうかなぁ」と言うだけで、やめてくれと泣きついてきて必死に言うことを聞こうとします笑

まとめ

教育論は大切ですが綺麗事ばかり言っていられないのも子育て現場の事実です。

ストレスを溜め込んで爆発させる前に、あなたに代わって鬼に叱ってもらってはいかがでしょうか。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。